fbpx

野球

高校球児へ、忘れられない夏。

全国の高校球児へ。きっとこの夏忘れようにも忘れられない夏がやってくることだろう。いや、高校球児だけではなく、全国民が忘れられない夏になることだろう。

当たり前にあったものが無くなっていく。失われていく。

でも、野球がなくなるわけではないし、自分がいなくなるわけでもない。目の前を見ればそこにはボールもバットもグローブもある。

ただ、他人が評価する場所や機会がなくなるだけ。言い換えれば自分のパフォーマンスを人に見てもらえないだけ。喜びや悲しみ、悔しさを分かち合えないだけ。

自分が目指すところはどこなのか、今考える時なのではないか。

仲間と野球をする楽しさを求めるのか、世話になった人や親たちに自分が野球をするところを見てもらいたいのか。

確かに、今過ごしている仲間とできる野球は機会を失ったのかもしれない。甲子園は夢、憧れの舞台かもしれない。

でも、その機会を失ったからと言って悲観的になるのはどうだろうか。確かに空しいかもしれないし、悲しいかもしれない。

それでも、もし君が野球をこれからもしたいのなら、続けたいのなら、これからまだまだパフォーマンスを発揮できる場所はたくさんあるはずだ。

その時のために前を向いて、練習に取り組もう。

もしかすると、この夏でもう野球をやめてしまうかもしれない人もいるだろう。でも、悲観しないでほしい。この機会が深い結びつきになって必ずや今の仲間が貴重な友人として今後の人生の財産になるだろう。

一言では片づけられないが、この夏で人生が終わりになるわけではない。共に戦った仲間とこれからの未来に向けてそれぞれの人生に向かって歩んでほしい。


関連記事

  1. ピッチャー

    野球で勝つためのテクニックスクイズの外し方

    ピッチャーにとって競り合っている場合に⼀番気をつけなくてはいけな…

  2. 野球

    振り返るとただ我武者羅に野球

    第4回全国中学校野球大会 決勝 対鏡中(熊本)40度を超える灼熱の中…

  3. 野球

    少年野球、勝ち癖をつけてNO,1を目指す

    少年野球に限らず、勝てるチーム、勝ち続けるチームをつくるため…

  4. プロ野球選手

    プロ野球、連敗連勝のメカニズム

    今日ヤクルトスワローズがついに16連敗から脱出しました。ファ…

  5. 野球

    弱小チームはキャッチボールに1時間使ってもいい理由(3)

    キャッチボールの重要性についてお話しています。今日で3回目に…

  6. 野球

    野球というスポーツを考える

    ホームイン 選手がホームベースに到達して得点されるスポーツの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

  1. 野球

    弱小チームはキャッチボールに1時間使ってもいい理由(2)
  2. 野球

    弱小チームはキャッチボールに1時間使ってもいい理由(3)
  3. 野球少年

    野球少年 憧れのひとつ甲子園 ~甲子園のストーリー~
  4. トレーニング

    夢が近づくたった10分の習慣化
  5. 野球少年

    「球ひろいだった少年の物語」第1話
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。