fbpx

野球

高校球児へ、忘れられない夏。

全国の高校球児へ。きっとこの夏忘れようにも忘れられない夏がやってくることだろう。いや、高校球児だけではなく、全国民が忘れられない夏になることだろう。

当たり前にあったものが無くなっていく。失われていく。

でも、野球がなくなるわけではないし、自分がいなくなるわけでもない。目の前を見ればそこにはボールもバットもグローブもある。

ただ、他人が評価する場所や機会がなくなるだけ。言い換えれば自分のパフォーマンスを人に見てもらえないだけ。喜びや悲しみ、悔しさを分かち合えないだけ。

自分が目指すところはどこなのか、今考える時なのではないか。

仲間と野球をする楽しさを求めるのか、世話になった人や親たちに自分が野球をするところを見てもらいたいのか。

確かに、今過ごしている仲間とできる野球は機会を失ったのかもしれない。甲子園は夢、憧れの舞台かもしれない。

でも、その機会を失ったからと言って悲観的になるのはどうだろうか。確かに空しいかもしれないし、悲しいかもしれない。

それでも、もし君が野球をこれからもしたいのなら、続けたいのなら、これからまだまだパフォーマンスを発揮できる場所はたくさんあるはずだ。

その時のために前を向いて、練習に取り組もう。

もしかすると、この夏でもう野球をやめてしまうかもしれない人もいるだろう。でも、悲観しないでほしい。この機会が深い結びつきになって必ずや今の仲間が貴重な友人として今後の人生の財産になるだろう。

一言では片づけられないが、この夏で人生が終わりになるわけではない。共に戦った仲間とこれからの未来に向けてそれぞれの人生に向かって歩んでほしい。


関連記事

  1. トレーニング

    体を上手に使って野球が上達する6つのポイント(1)

    野球は指先にエネルギーを伝えそれが速く動けば動くほど有利にな…

  2. 野球

    選抜高校野球もうすぐ始まりますね

    3月は選抜高校野球が始まりますね。僕が注目してるのは北海道…

  3. プロ野球選手

    野球への夢をあきらめない

    彼は地方の人口数千人の町から人口数十万の都市へと夢を追い求め…

  4. 野球

    2018振り返り野球を考える

    こんにちは太田です年の瀬も押し迫り皆…

  5. 子育て

    『野球じゃなきゃダメですか?』

    『子供に野球させたいんです。』『今小学校3年生だから来年か…

  6. 野球

    野球に感謝して

    野球を辞めた息子が帰省中です。今日はなぜ自分が野球を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

  1. ピッチャー

    ピッチャーとしてのメンタリティ
  2. プロ野球選手

    偉大な野球少年がレジェンドとして迎えた日
  3. トレーニング

    1日10分 ゲームでトレーニング
  4. ピッチャー

    ピッチャーのコントロール2つの考え方
  5. 子育て

    少年野球パパママの節約術
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。