fbpx

子育て

野球だけが人生じゃない!

昨日息子から電話がありました。

「父さん、俺野球やめるよ」

いつかは、そんな日が来るとは

思っていましたが・・・・

早かったなー

大学野球に進んでエースを目指し

奮闘していた息子が

野球を辞める。

まー残念な気持ちもありましたが

野球だけが人生じゃない。

今まで経験してきたその野球が

いつかまた、生きるときがある。

僕は息子にいいました。

「自分で決めたなら、いいと思う。

これからは今まで経験したことない

ことを沢山経験をつみなさい。

それが、財産になるから、あなたの」

と。

僕は野球だけが全てではないと

思っています。

ただ、今野球を愛する子供に、夢を

描いてる子供にすこしでも上手に

なって、野球を好きになって欲しい

から、こうして色々な情報を、その

子供のお父さん、お母さんを通じて

発信しています。

お父さん、お母さんにもお子さんが

好きになった野球を愛して欲しいから

すこしでも役に立つ情報があればと

これからも発信していきます。

今、一生懸命野球に取り組んでいる

あなたも、いずれは野球から離れる

時が来るでしょう。

でも、野球をやったことを後悔して

ほしくないし、むしろ野球から離れ

ても愛して欲しいから、野球のこと

を伝えていきます。

昨日はプロ野球のキャンプで、すでに

ブルペンに入って立ち投げ(キャッチャー

を立たせたままでピッチング練習を行う)

を始めた選手もいましたね。

この時期はまだ肩も出来上がっていま

せんから、肩を慣らしながら感覚を

指先の感覚をつかむための練習ですね。

ピッチャーはデリケートなので感覚が

非常に大事なウエイトを占めます。

その感覚を身体に覚えさせるための

前段階という感じです。

小学生でも言えることで、練習初めに

軽ーくキャッチボールをしながら指先

にボールがかかる感触を覚えるのも

良いですね。

この指先の感覚がコントロールに繋が

ってきますのでピッチャーにとっては

大事な練習のひとつになります。

コントロールについてはこちらでも

触れていますので参考にして下さいね。↓

ボールをわざとフワッと軽く投げて

相手まで届かせるという練習はピッ

チングの感覚をつかむいい練習です。

以外に、このフワッと軽く投げる事が

出来ない選手も多いですね。

是非試してみてください。


関連記事

  1. 野球

    勝てる少年野球チームの作り方

    先日姪っ子の子供のチームの試合結果を見たら14対13の逆転負…

  2. 子育て

    『なんでそんなきれいなん?』ソックスを真っ白にする方法

    リトルリーグでのママたちの会話『ところで太田さんのとこ…

  3. 子育て

    『野球じゃなきゃダメですか?』

    『子供に野球させたいんです。』『今小学校3年生だから来年か…

  4. 野球

    弱小チームはキャッチボールに1時間使ってもいい理由(1)

    野球の基本はキャッチボールということは勝てる少年野球チームの…

  5. トレーニング

    少年野球、自宅で出来る練習

    息子にバッティング練習させてる子供の成長って早いですよね。…

  6. 野球

    少年野球、心臓を鍛える方法?

    ある時、少年野球のコーチをされているお父さんと話す機会があっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

  1. ピッチャー

    ピッチャーとは何かその全てを丸裸にする1
  2. 野球少年

    「球ひろいだった少年の物語」第3話
  3. プロ野球選手

    野球への夢をあきらめない
  4. ピッチャー

    4つのパターンから考えるピッチャーの隠れた武器~牽制球~
  5. 野球

    高校球児へ、忘れられない夏。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。