fbpx

子育て

『野球じゃなきゃダメですか?』

『子供に野球させたいんです。』

『今小学校3年生だから来年から

野球チームに入れようと思うんです。』

『野球じゃなきゃダメですか?』

『なんで野球なんですか?』

聞いてみたくないですか?

野球をさせたい理由

ちなみに、僕は自分が野球をしていて

プロ野球の選手になりたかったけど

なれなかったから

もし、子供たちが野球してくれて

僕が叶えられなかった夢を

『叶えてくれたら最高だーって』思って

野球をさせました。

『それはあんたが野球してたから

できたんでしょ』

もちろんそれはそうかもしれません。

子供たちは僕が野球をしている姿を

見ていましたから。

興味を持っても自然ですよね。

ただ、この【興味】これが僕は

キーポイントだと思うんです。

子供は非常に好奇心旺盛です。

その好奇心を野球に向けてあげる

だけでいいと思います。

突然、『ママーパパー野球やりたーい』とは

ならないと思いますよ。

そこには何らかの【興味】がめばえたんです。

【やってみたいなー】と子供が自分で

おもったんです。

【やってみたいなー】と思ってくれたら

あとはこっちのものです。

【やってみたい】その野球が楽しければ

子供は喜んで野球をしますよね。

僕が野球をしていたから子供たちに

野球をさせられたわけではなく、

ひとつの要因ではあったと思いますが

野球に【興味】を持たせられる環境を作った

ということですね。

なにも、パパママが野球をしてなくても

プロ野球選手になった方たちは沢山います。

小さいときにボールを持たせたりバットを

振らせてみたり、子供の興味をひきつける

ことは出来ると思います。

僕の親はまったく野球をしてませんでした。

そのかわり、野球中継がある日は必ず

テレビで野球を見ていました。

僕は晩御飯を食べたあと、父の晩酌の横で

野球中継を見ていました。

プロ野球選手のカッコイイ姿を見ているうちに

少しずつ興味を持っていったのを覚えています。

そして、プロ野球選手に憧れて

『僕も大きくなったらプロ野球選手になる』

といって野球をはじめました。

『野球じゃなきゃダメですか?』と聞かれて

『野球じゃなきゃダメです。』

『なぜなら○○だから!』と明確な理由が有れば

子供に興味を持たせることは出来ます。

それが『とにかく野球が好きだから』とか

『子供に野球をさせて応援したいから』とか

『プロ野球の選手にしたい』など理由はなんでもいいです。

パパママが子供に野球をさせたいなら

パパママも一緒に頑張れる理由が欲しい。

『野球じゃなきゃダメですか?』と聞かれて

『はい、ダメです。だって○○だから』

という理由さえあれば必ず野球をしてくれます。

でも、どうやって興味をもたせればいいですか?

子供のそばに野球がある環境を作ってあげるだけで

だいじょうぶです。

こちらを参考にしてください↓


関連記事

  1. 野球

    弱小チームはキャッチボールに1時間使ってもいい理由(3)

    キャッチボールの重要性についてお話しています。今日で3回目に…

  2. プロ野球選手

    野球ファン、夢のような1日

    出典;BBCベースボールチャンネルよりエンジェルス大谷翔平選手とマリ…

  3. 野球

    高校球児へ、忘れられない夏。

    全国の高校球児へ。きっとこの夏忘れようにも忘れられない夏がやってくる…

  4. 野球

    勝てる少年野球チームの作り方

    先日姪っ子の子供のチームの試合結果を見たら14対13の逆転負…

  5. 野球

    野球というスポーツを考える

    ホームイン 選手がホームベースに到達して得点されるスポーツの…

  6. ピッチャー

    高校野球選抜甲子園3日目終了=気になる3投手

    今日で開幕3日目を終了した選抜甲子園だが、その中でも気になる投手3人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

  1. ピッチャー

    4つのパターンから考えるピッチャーの隠れた武器~牽制球~
  2. ピッチャー

    バッターを惑わせる9cmの空間
  3. トレーニング

    野球選手の肩や肘の痛みはどうしておこる?
  4. プロ野球選手

    野球選手を目指したわけ
  5. 野球

    ピッチャー心理とバッター心理
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。