fbpx

ピッチャー

ピッチャーとは何かその全てを丸裸にする1

あなたはそもそもピッチャーというものを

全て知っているだろうか?

このサイトを立ち上げトレーニングや、

コントロール、牽制球、コントロールをつけ

るためにはどうしたらいいかなど書き綴って

きたが、ここからは僕が40年間歩んできた

ピッチャーとしての全てを洗いざらいお話し

ようと思う。

そもそもピッチャーとは何か?ピッチャーだ

から抱える悩み、ピッチャーにしかわからな

い思いなど、形の有るものから無いものまで

全てを話しましょう。


ピッチャーって何?こんな人

・一人高いところにいてボールを投げる人

・いなければゲームが始まらないポジション

・常に注目される

・目立つ

・チームの中心人物

・良ければ褒め称えられ悪ければ非難される

・お山の大将

・ピッチャーの独り相撲

・負けん気がとても強い

・女の子にモテる

・9人目の野手

・きつい練習

・いつも一人で走っている

・誰もが憧れるポジション

・危険が隣り合わせ

・状況判断を素早くできる

・考えられる頭脳を持っている

・ボールを投げる事の恐怖

・肩肘のケガが付きまとう

・繊細なケアが必要

・痩せているより太っている方がいい

・流れを読む力

・強い精神力が求められる

・野次で揺さぶられる

・尻がでかい

・スカウトは母親のお尻の大きさを見る

・好奇心旺盛

・忍耐力がある

・持久力がある

・瞬発力がある

・洞察力がある

・計画性がある

・対応能力がある

・柔軟性がある


以上が(ピッチャーとは)という質問が

あった場合に考えられる印象ではないだ

ろうか。

あなたも(ピッチャーとは)という質問

に答えを見つけ出してみてはどうだろうか。

ここに並べたもの以外にも見つかるかも

しれない。

今現時点で僕だったらと考え並べたものだ。

次回からは今上げた項目をカテゴリーに

まとめて細かく分析していこうと思う。

まずはその前に僕の野球人生について始

まりから終わりまで細かくお話していこう。

今回は始めたきっかけから小学生の野球部

に入るまでをお話したい。


僕は国鉄勤務の父のもと、姉3人の4人兄弟

の末っ子として生まれた。

初めての男の子で、しかも母方の兄弟の子供

たちもすべて女の子だった。

そんな中育てられたが、父は野球観戦が好き

で毎回テレビ中継がある時は欠かさず野球中

継を見ていた。

そんな影響もあり、僕は幼稚園年長の頃から

野球に目覚める。

小学校1年生の時は近所の友達を集めて野球

チームを作り、放課後や土日など他校の友人

チームと野球の試合をして遊んでいた。

ユニフォームも自家製で、マークはワッペン

で母に作ってもらった記憶がある。

それくらい野球が好きで毎日、日が暮れるまで

野球をして過ごしていた。

そんなある日、父とキャッチボールをしている

と隣に住んでいた高学年の先輩から

『そんなキャッチボールしてても上手くなんか

ならないよ。下手くそなんだから』

と言われ、馬鹿にされていた。

実際、後に小学校の野球部に入部後監督に練習

から外される訳で、本当に下手くそだったとい

うことがわかって頂けると思う。


ただこのままでは終わらない負けん気の強さで

のし上がるわけだが、さて続きは明日にしよう。


関連記事

  1. ピッチャー

    ピッチャーとしてのメンタリティ

    ピッチャーは野球の試合において、とても孤独感を味わう。&nbs…

  2. 野球

    2018振り返り野球を考える

    こんにちは太田です年の瀬も押し迫り皆…

  3. 野球

    野球、打率3割という確率の考え方

    3割という確率・・野球では3割バッターと言えば優秀な成績と評…

  4. ピッチャー

    ピッチャーとしての醍醐味は完封・完投・救援

    昨晩のDeNA対巨人戦はまさにエースの貫録で巨人が勝利しまし…

  5. 子育て

    『野球じゃなきゃダメですか?』

    『子供に野球させたいんです。』『今小学校3年生だから来年か…

  6. ピッチャー

    通告 投げ方直すまで使わない!

    突然監督に「お前は投げ方を直すまで使わないからな」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 12月 22日

Twitter でフォロー

  1. プロ野球選手

    プロ野球、連敗連勝のメカニズム
  2. ピッチャー

    【さあ、オープンです!】あなたのパフォーマンスを最大限に引き上げるピッチングフォ…
  3. プロ野球選手

    夢を叶えるルートとは?
  4. トレーニング

    今からでも大丈夫3ヶ月集中プログラム!
  5. 野球

    野球、打率3割という確率の考え方
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。