fbpx

ピッチャー

ピッチャーのフィールディング


今日はピッチャーのバントシフトと

フィールディングについてお伝えし

ていこうと思います。

バントシフトやフィールディングは

無くてはならないテクニックです。

ピッチャーも一人の野手ですから

投げた後はすぐに守備の準備をする

必要があります。

その中でもランナーが出た場合の

バントシフトは、相手がスコアリング

ポジションにランナーを進めるために

バントをしてくるので、できれば阻止

してアウトカウントを増やしたいですよね。

・ランナー1塁

次の図を参考にして下さい

ランナー1塁のケースでは、1塁ランナー

の2塁への進塁を防ぎたいわけですから、

サード・ファースト両方がピッチャーが

投げると同時に前へとプレッシャーを

かけます。

ピッチャーは投げると同時に真っ直ぐ前へ

とバントに備えます。

サード・ファースト側の打球はそれぞれに

任せて、ピッチャーは目の前の打球だけに

集中してください。

ボールが転がってきたら(右投手)①左足前

②捕球③右足前へステップと同時に左半転し

セカンド方向へ左足を踏み出し送球します。

セカンドが間に合わないと判断した場合は

焦らず1塁方向へステップし直して送球して

ください。十分間に合います。

ボールを捕球しに行くときに右足から入ると

体重移動だけで投げれるよという意見もある

かもしれませんが、この捕球方法は踏み出した

足のスリップ予防の為に逆足から入りステップ

を踏むことで滑って転倒する事を未然に防ぎます。

バントシフトでピッチャーが気をつけなければ

いけないのは野手とのタイミングとストライクを

しっかり投げるということです。

ストライクコースに投げる事が出来なければ、

せっかくバントシフトを引いてもバッターが

バントを見送ってシフトがあることを相手に

教えてしまうことになります。

ということから考えてもピッチャーの

コントロールというのは大事なスキルのひとつ

ですね。

・ランナー1,2塁

次の図を参考にして下さい

ランナーが1,2塁の場合はセカンドランナー

がいるため、サードは前へ出てこられません。

なので、ピッチャーは投げ合わると同時に

サード側へマウンドを降りて打球に備えます。

あくまで、このシフトはセカンドランナーを

サードでアウトにするためにとるシフトです。

ピッチャーはサード側へ降り打球を捕り、

その勢いを殺さないように左半転してサードへ

その勢いのまま送球します。

間に合わないと判断した場合はステップし直して

1塁へ送球します。

また、捕球が間に合わないほどの強いゴロは

サードへ声掛けしサードに捕球を任せます。

ピッチャーはサードの代わりにそのままサードの

ベースカバーに入ります。

場面場面で状況は変わりますので、いろいろな

場面を想定して練習するといいですね。


関連記事

  1. ピッチャー

    ピッチャーは一体時速何キロまで投げれるのか

    一昨日、高校3年生の大船渡の佐々木投手が163km/hのボー…

  2. ピッチャー

    相手の弱点が見えてくる

    柔道家で前参議院議員の谷亮子がテレビで「相手の歩いて…

  3. ピッチャー

    4つのパターンから考えるピッチャーの隠れた武器~牽制球~

    ピッチャーはただ投げていればいいという訳ではありませんよね。バ…

  4. ピッチャー

    ピッチャーの肩をつくるために知っていてほしい4つのポイント

    あなたはどうしたらピッチャーとしての強い肩を作れるんだろうか…

  5. ピッチャー

    決まりました

    先日はアンケートのご協力ありがとうございます。…

  6. ピッチャー

    コントロール、ピッチャーの感じ方

    ピッチャーの目線。野球では、ピッチャーの投げるボールを審判が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 2月 19日

Twitter でフォロー

  1. トレーニング

    1日10分でもボールで遊ぼう、これが夢への第一歩
  2. ピッチャー

    相手の弱点が見えてくる
  3. 子育て

    活躍してくれるのが楽しみですよね
  4. 野球

    弱小チームはキャッチボールに1時間使ってもいい理由(1)
  5. 野球

    少年野球、勝ち癖をつけてNO,1を目指す
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。