fbpx

ピッチャー

勝負を決める1球の怖さ

いよいよ明日選抜高校野球甲子園大会は

準決勝を迎えますが

いいチームが揃いましたね。

東邦は確実にチャンスをものにして

加点を積み重ね勝ち上がりましたし、

習志野、明豊、明石商は接戦の末

1点をもぎ取り勝ち名乗りを上げました。

ベスト8のチームは甲乙つけがたいチームばかりでした。

その中でも、明豊対龍谷大平安、明石商業対智弁和歌山

この2つの試合は手に汗握る接戦で

最後はピッチャーの投じた1球によって勝負が決した

試合でした。

明豊の後藤君の一打も素晴らしいですが

平安のピッチャーが投じた

2アウト2ストライク2ボールからの1球。

泣くに泣けない後悔の1球だったのではないでしょうか。

私にも経験がありますが、冷静さより勝気が勝った

1球のような気がしてなりません。

明石商業の来田くんの素晴らしい大会記録のサヨナラHR。

9回裏の先頭バッター、

しかも先制のホームランを打っている来田くん。

2ストライク2ボールからのストレート。

ここは力よりもコントロール重視で警戒する場面でした。

智弁和歌山にとっては痛恨の1球になりました。

出典;NHK大阪放送局ブログより

龍谷大平安の野澤投手には1球の重みをさらに身に沁み込ませ

また夏の甲子園に戻ってきてほしいなと思います。

素晴らしいピッチングをしていただけに残念です。

明日の準決勝は(千葉)習志野 対(大分)明豊

エラーをしながらも接戦を勝ち上がってきた習志野と

延長をサヨナラ勝ちして勢いに乗る明豊。

(愛知)東邦 対(兵庫)明石商業

自慢の打線で危なげなく勝ち上がってきた東邦と

来田くんの先頭&サヨナラHRで波に乗る明石商業。

4チームとも力は互角、勝負を焦ったり、ミスをした方が負ける

薄氷の戦いになると予想します。

4チームとも、ここ一番の1球の重みを大事に

熱い戦いを展開して欲しいと願います。


関連記事

  1. ピッチャー

    点を取られないピッチャーのコントロール14の考え方

    あなたはお子さんの試合を見に行った事があるだろうか。子供たちの…

  2. ピッチャー

    ピッチャーの曇ってた心に一筋の光が

    まもなく3月ですね。野球シーズンが足音を立ててやって…

  3. ピッチャー

    バッターを打ち取る2つの考え方

    あなたがもしピッチャーならバッターを打ち取る時どう考えますか…

  4. ピッチャー

    ピッチャーとは何かその全てを丸裸にする2

    この回ではピッチャーとは何という質問に対して出てきそうな項目…

  5. ピッチャー

    ピッチャーとしてのメンタリティ

    ピッチャーは野球の試合において、とても孤独感を味わう。&nbs…

  6. ピッチャー

    高校野球から学ぶ失点に繋がる3大要因

    選抜甲子園大会6日目を終了して、注目していたピッチャーが二人とも負け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

  1. ピッチャー

    高校野球選抜甲子園3日目終了=気になる3投手
  2. 野球

    振り返るとただ我武者羅に野球
  3. 野球

    高校野球の檜舞台、甲子園大会
  4. 野球少年

    「球ひろいだった少年の物語」第1話
  5. ピッチャー

    ピッチャーはこれでコントロールが身につく
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。