fbpx

ピッチャー

ピッチャーは一体時速何キロまで投げれるのか

一昨日、高校3年生の大船渡の佐々木投手が

163km/hのボールを投げ込んだ。

もちろん国内高校生史上最速で、大リーグで活躍する

大谷選手の高校時代の記録を超えてしまった。

なぜ彼らはそんなにも速いボールを投げられるのだろうか?

そのメカニズムを科学者に分析してもらいたいものだ。

そして彼らはそのスピードボールを身体が千切れるほどの

全力で投げてるようには見えない。

力学上、理にかなった投げ方をしていると思われる。

体重移動で生まれたエネルギーを増幅させ、

柔らかい筋肉が鞭のようにしなやかにしなり、

増幅させたエネルギーを指先へと送っていると考える。

しかしながら、その増幅されたエネルギーを

二本の指で支えボールをコントロール出来るのだから

とても想像しがたい。

是非、科学者に分析して頂いて、これからの野球の発展に

貢献してもらいたいと思ってしまう。

もしも、それが可能なら第3、第4の160km/h超えの

ピッチャーが誕生し、野球界は根本から見直さなければいけない

時代に突入することになるかもしれない。

また、もうすでに160km/hを超えるピッチャーが

存在しているわけだが、そのボールを受けるキャッチャーの

対策も考えなくてはいけないだろう。

実際に現在佐々木投手のボールを受けていたキャッチャーは

指の関節を裂傷している。

昨年甲子園を沸かせた金足農業の吉田投手の女房役を務めた

菊地君も、彼のボールを受けるために左手に相当なダメージを

受けながら練習を積んだと後日談で聞いている。

ピッチャーが進化するのはもちろん喜ばしいことだが

その影にはそのボールを受けるキャッチャーの存在を

忘れてはいけない。

ボールを受けてくれるキャッチャーがいなければ

ピッチャーは投げる事が出来ないのだから。

ピッチャーのボールを受ける左手の激痛に耐えながら

キャッチャーはピッチャーのいいボールを引き出そうと

常に一生懸命に取り組んでいる。

そんなキャッチャーにとって画期的なミットが開発され

左手の痛みの心配なくピッチャーをリードできるような

日が訪れる事を願いたい。


関連記事

  1. ピッチャー

    ピッチャーのコントロール2つの考え方

    コントロールって調節や統制という意味があって野球では制球と使…

  2. ピッチャー

    バッターを打ち取る2つの考え方

    あなたがもしピッチャーならバッターを打ち取る時どう考えますか…

  3. ピッチャー

    ピッチングに課題を与えることが勝てる投手への近道

    いよいよ、夏の甲子園に向けた各地区予選がはじまります。…

  4. トレーニング

    ピッチャーの練習方法を学ぼう

    みなさんのイメージでピッチャーは走る練習が非常に多いと思ってい…

  5. ピッチャー

    決まりました

    先日はアンケートのご協力ありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

  1. プロ野球選手

    将来はプロ野球選手、夢を叶える方法
  2. 野球

    振り返るとただ我武者羅に野球
  3. ピッチャー

    ピッチングの構造を知る
  4. プロ野球選手

    プロ野球選手を夢見て
  5. 野球少年

    「球ひろいだった少年の物語」最終話
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。