fbpx

子育て

『なんでそんなきれいなん?』ソックスを真っ白にする方法

リトルリーグでのママたちの会話

『ところで太田さんのとこ、

ソックスなんでそんなきれいなん?

『うちー?家帰ったらまずー子供たちに

湯船でバシャバシャとソックスの泥を落とさせるでしょー。

それを「ブルースティック」棒状の洗剤でゴシゴシと

こするわけ。こすったら洗濯機へポンだよ。

これで真っ白に回復―。』

『なんでそんなんするー。こすったら穴開きやすく

なるやろー。またどうせ汚れるんやからー』

『それもそうよねー。3回に一回くらいにしようかなー。』

『うち3人もいるから洗濯だけで疲れちゃうのよねー。』

『そりゃそうやわー。そんなんいしょうけんめい

やってたらつかれるでー。』

こんな会話が子供たちの練習の横でとびかっている。

でも、汚いソックスよりはきれいな方が気持ちいい

練習もいっしょうけんめいできるというものだ

ママたちの会話は子供の洗濯の事や、食事の事、

かたづけや、勉強時間のことが主な内容だったと。

ママたちが子供の野球に関してはあまり話さない。

もちろん試合になると『そこーちゃんと捕れー』

『いいぞーナイスナイス』『あー⤵アカン』

『打てー』などなど黄色い声が飛び交う。

それでも、ママたちが練習中に野球に関して

口をはさむことはない。

ところが、僕が経験してびっくりしたのが

札幌の少年軟式野球チームへ転入した時の事。

何とそのチームは練習中、

ママたちがボール拾いをし、道具もママたちが

準備してあげていたのだ。

これには本当にびっくりした。

なぜ、自分たちの野球なのにママたちに

手伝わせているのか理解に苦しんだ。

出来ないことを手伝うのはいいとおもう。

あとは子供たちにまかせて見守ってあげよう。

子供たちに野球をさせるにことで

ママたちの負担ももちろんふえる。

ママたちも頑張っているのだから

ごほうびはほしいですよね。

ママたちのご褒美。

それは子供たちが活躍する事を見れること。

子供たちが誉められれば

それはあなたが誉められるのと一緒ですよね。

僕はそんなママたちの笑顔も応援させて頂きます。


関連記事

  1. 野球

    少年野球勝てるチームの作り方

    チームを勝たせるために悩むのは監督の仕事ですね。…

  2. 野球少年

    「球ひろいだった少年の物語」第1話

    太田政直、僕は小学生の頃球拾いでした。…

  3. 野球

    勝てる少年野球チームの作り方

    先日姪っ子の子供のチームの試合結果を見たら14対13の逆転負…

  4. ピッチャー

    少年野球のピッチングのコツ教えます

    僕が小学生の頃は少年野球でも変化球が許されていた時代でもその…

  5. ピッチャー

    ピッチングの質レベルアップへ取り組み

    少年のピッチング。トップに入る前のテークバックの姿勢。軸足が着地する…

  6. 野球少年

    少年野球でレギュラーになりたい~基本の積み重ね~

    誰もがレギュラーになりたいと思いますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

  1. 野球少年

    練習は時間じゃない
  2. トレーニング

    野球選手の肩や肘の痛みはどうしておこる?
  3. 野球

    勝てる少年野球チームの作り方
  4. ピッチャー

    ピッチングの精度が上がる練習法
  5. 野球

    高校野球の檜舞台、甲子園大会
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。