fbpx

野球少年

「球ひろいだった少年の物語」第2話

「球ひろいだった少年の物語」第1話を

公開しましたところ、結構な反響を

頂きました。

頂いたコメントはこのような感じです。

「太田さんも少年の頃は苦労されたん

ですね。幼いころからセンスがあって

活躍されているのかと思っていたので

意外でした(^^)」

「お父さんのアドバイスがあって

よかったですね(o^^o)」

「うちの息子も少年野球やっていますが

やはり投げ方がかっこ悪くて

良くなってほしいと思っています♪」

「太田さんも頑張りましたけど、お父さん

ファインプレーじゃないですか?」

「投げ方は直ってよかったですけど

ケガをしたのは痛かったですね(TT)」

色々な方向性のコメントありましたが

僕のようなお子さんをお持ちの方は

結構いらっしゃるんですね。

そんな印象でした。

さて、本日は「球拾いだった少年」の物語

第2話です。

第1話はこちらから

投げ方を直せたことで僕はピッチャーに

なれました。

一番喜んでくれたのは父でした。

今まではグランドに見に来たことなんか

まったくなかったのに

時間を作ってまで見に来てくれるように

なりました。

見に来てくれると

「あっ、今日も来てくれてる

頑張んなきゃ」って気合入りますね(^^)

6年生の時にはエースになれましたけど

そこそこでした。

大会で優勝することなんかなく

全県一のチームがとなりの学校

でしたから・・・

僕は一応エースという看板を背負って

中学校の野球部に入部します。

そこで待っていたのは・・・

【球ひろい】

またかーーーーーー

進学した中学は全県一の小学校からも

進学してきたので。

それはそうなるかー

思っていた通り全県一のメンバーから

バッテリーは

1年生からベンチ入り。

「でも絶対追い越してやるからな」

という強い気持ちで

【球ひろい】

をやりました。

ファウルボールが田んぼに入れば

スパイク脱いで、ソックス脱いで

田んぼのなかのボールをとりに

ジャブジャブと・・・

3年生が引退してからの新チームで

やっと練習に参加して

はじめは外野につかされましたが

守備が下手くそでファーストへ。

秋の新チームの大会が終わるころ

ファーストとピッチャーの兼用に。

春になり2年生で迎えた最初の大会。

僕は先発を任されます。

ここで大事件勃発―――――

なんと!太田、1アウトもとれず

3点取られ交代する。

いやーショックでした。

まったくボールがいうことを

きいてくれないんです。

その当時の心境と

その後の学校での出来事を

書き留めようと思いましたが

上手く伝わらないので

音声にしました。

こちらからお聞きください。

ここをクリックして視聴してください

というわけで

試練がはじまりました。

4ヶ月間の自分との戦いです。

この戦いのあと太田少年に訪れたものは

何だったのか

第3話へつづく…

第1話はこちら


関連記事

  1. ピッチャー

    少年野球のピッチングのコツ教えます

    僕が小学生の頃は少年野球でも変化球が許されていた時代でもその…

  2. 子育て

    1年で歴然と差がつく親の関わり方

    僕はこれまでの長い野球人生で、自分が親の立場で子供たちに関わ…

  3. 野球少年

    「球ひろいだった少年の物語」第3話

    「球ひろいだった少年の物語」第2話を公開したところ…

  4. 野球少年

    子供が上手に野球を覚える方法を学ぶ

    僕の経験からも幼少期の野球への関わりが子供の未来に影響を与える事は間違…

  5. 子育て

    野球を教えてといわれてあなたはどうしますか?

    こんにちはー太田です昨日は友人の野球チームの忘年会でした…

  6. 子育て

    野球だけが人生じゃない!

    昨日息子から電話がありました。「父さん、俺野球やめる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 1月 03日
  2. 2019年 1月 04日
  3. 2019年 1月 06日
  4. 2019年 1月 10日

Twitter でフォロー

  1. プロ野球選手

    将来はプロ野球選手、夢を叶える方法
  2. プロ野球選手

    偉大な野球少年がレジェンドとして迎えた日
  3. ピッチャー

    不器用な人のためのピッチャーで4番打者
  4. ピッチャー

    ピッチャーはこれでコントロールが身につく
  5. トレーニング

    1日10分 ゲームでトレーニング
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。