fbpx

ピッチャー

野球で勝つためのテクニックスクイズの外し方

ピッチャーにとって競り合っている
場合に⼀番気をつけなくてはいけな
いのがスクイズですね。

プロ野球では本当に⼤事な場⾯で、
何が何でも1点欲しいときにやって
くるのがスクイズです。

アマチュアでは、⽐較的接戦の場⾯
で使われることが多いです。

中学⽣、⾼校⽣は特に使われる可能
性は⾼いと思います。

とにかくスクイズは、何が何でも1
点欲しい、または確実に点差を広げ
ようとする作戦になります。

これを、阻⽌できると流れはガラッ
と変わって、⾃分のチームに引き寄
せることが出来ますね。

スクイズとは、ご存知の通りバッタ
ーはどんなボールでもバットに当て
て、フェアーゾーンに転がし3塁ラ
ンナーをホームに迎え⼊れる作戦で
す。

なので、ピッチャーは少しでもバン
トがやりずらいコースへ投げる必要
がありますが、バッターはとにかく
バットに当てて転がす事さえできれ
ば、ランナーはスタートを切ってい
るのでセーフになる確率が⾼いし、
どんなコースでも対応できるように
練習しています。

そこでピッチャーがスクイズを外す
コースとして考えられるのは、イン
コース⾼⽬のスピードボール(バッ
ターの顔付近)か、ショートバウン
ドの変化球(スピードのあるスライ
ダー、スプリット、チェンジアップ)
が効果的であると考えられます。

もちろんストレートのワンバウンド
でも大丈夫です。

実際に私は、何度となくスクイズを
外してきています。

その際に使ったボールはインコース
⾼⽬の速球かショートバウンドのシ
ンカーでした。

では、スクイズがある事をどうやっ
て察知すればいいでしょうか?

これについては右ピッチャーであれ
ば、サードランナーの動きに注意を
し、脚を上げるまでランナーに注意
を払うことが必要でしょう。

左ピッチャーはサードランナーが背
中越しになるので、セットポジショ
ンに⼊るまでのランナーの動きに注
意し、セットしてからはファースト
に協⼒してもらうことが必要になっ
てきます。

もうひとつ注意を払って観察する必
要があるのがバッターの動向です。
バッターはスクイズのサインが出る
と、妙にそわそわしはじめたり、グ
リップの握り位置が変わったり、バ
ッターボックスの⽴ち位置が変わっ
たりするのでしっかり観察してくだ
さい。

いずれにしても、スクイズのサイン
は監督から選⼿へ出されますので、
キャッチャーもベンチのサインを⾒
てありそうかどうかを判断していま
すが、サインを⾒抜くのは難しいた
め、選⼿の動向を観察するといいと
思います。

しかし、最終的にはピッチャーの臨
機応変な投球が必要になってきます
ので、ノーアウト、1アウトでラン
ナーが3塁にいて、バッターが1,
2番、または下位打線の場合は可能
性が⾼いと思っていた⽅がいいでし
ょう。

そのうえで、いざあった時の為に投
げるコースは頭に⼊れておいてくだ
さい。

このように、事前に対応策を考えて
おくことによって、いざという時に
慌てることなく対応できるテクニッ
クを⾝につけておきましょう。


関連記事

  1. トレーニング

    体を上手に使って野球が上達する6つのポイント(1)

    野球は指先にエネルギーを伝えそれが速く動けば動くほど有利にな…

  2. ピッチャー

    高校野球から学ぶ失点に繋がる3大要因

    選抜甲子園大会6日目を終了して、注目していたピッチャーが二人とも負け…

  3. トレーニング

    野球選手の肩や肘の痛みはどうしておこる?

    こんばんは(^^)太田です。今年も残すところわずか…

  4. ピッチャー

    ピッチャーとは何かその全てを丸裸にする1

    あなたはそもそもピッチャーというものを全て知っているだろうか…

  5. ピッチャー

    ピッチャーは一体時速何キロまで投げれるのか

    一昨日、高校3年生の大船渡の佐々木投手が163km/hのボー…

  6. 野球

    初めての野球~ルールを覚えよう~

    パパママが野球素人でも安心してください(^^)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

  1. プロ野球選手

    野球選手を目指したわけ
  2. 野球少年

    あなたの一言が野球少年の未来を変える
  3. ピッチャー

    ピッチャーはこれでコントロールが身につく
  4. トレーニング

    体を上手に使って野球が上達する6つのポイント(3)
  5. ピッチャー

    ピッチャーとは何?そのすべてを解き明かそうパート3
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。